« アクセサリー | トップページ | 風張峠 ~ 2013年11月23日 »

乾徳山 ~ 2013年11月17日

このところ登山に出かけることが多くなってきたので新しい登山靴を購入。この日はその靴の慣らしをかねて山梨県の乾徳山へ行くことにしました。あまり有名な山ではないかもしれませんが、塩山にある名刹恵林寺の山号にもなっているので、名前だけは昔から知っていました。

【コース】 徳和駐車場→月見岩→乾徳山→月見岩→道満尾根 Mapion




2013_1117_072544(7:25) 徳和駐車場
国道140号の徳和入口交差点から県道209号線を2kmほ入ったところが今回のデポ地。この時間でもほぼ満車状態。危なかった。
2013_1117_072755(7:27) 登山開始
準備を整えていよいよ出発。最初は川沿いの舗装道路を歩きます。山頂まで往復6時間の予定です。
2013_1117_075509(7:55) 登山口
30分ほど歩くと乾徳山登山口の看板。ここから本格的な登山道に入ります。
2013_1117_090614(9:06)
紅葉が終わり、木々の葉はみんな散っていましたが、そのぶん太陽の光が差し込んで気持ちのいい山道です。
2013_1117_091254(9:12) 国師ヶ原
ちょっとした平地で、乾徳山の山頂が間近に見えました。この調子なら11時前には着けるでしょう。それほど寒くは感じませんが、足下には霜柱が立っていました。
2013_1117_093851(9:38) 月見岩
扇平という開けた斜面にぽつんと置かれた岩には月見岩という名前が付けられています。

2013_1117_101147
(10:11) 扇平から上にはルート上に大きな岩がいくつかあり、それを越えるたびに景色が広がってきました。まずは雲に浮かぶ富士山。

2013_1117_101802
(10:18) そして南アルプスの白根三山。いつの間にか白く冠雪しています。

2013_1117_103245(10:32) 鎖場
最後はこの鎖場。かなり危険そうに見えますが、岩の隙間に足がかけられるし、鉄棒の懸垂が1回でもできる人なら問題ないでしょう。これを登り切ったところが山頂です。

2013_1117_103825
(10:38) 乾徳山/標高2031m
徳和の駐車場から3時間で乾徳山山頂に到着。予報では晴れのち曇り、気温2℃となっていましたが、綺麗な青空が広がって、風もなく寒さに震えることもありません。絶好の登山日和でした。
お茶を飲みながら休憩してると広くない山頂にどんどん人が増えてくる。あまり長居をしては迷惑なので下山することにしました。

2013_1117_112106

2013_1117_120501(12:05) 月見岩分岐
月見岩まで下ってきましたが、時間もあるし、ネットの記事で見かけた道満尾根経由で下ることにしました。しかしこれが間違いの元でした‥。


途中までは順調に下ってきたのですが、途中で林道に出てしまい道に迷いました。徳和方面への道が見つからないのです。Mapion


2013_1117_133307乾徳山に登り返すのは論外なので、林道を大平牧場方面に下っていくことにしました。徳和まではものすごく遠回りになるけど少なくとも遭難はしないで済むでしょう。



途方に暮れながらも、かれこれ1時間以上も歩いたでしょうか。精神的にも肉体的にもくたくたになっているところに後ろから1台の車がやってきたのです。そして私の横に止まり、窓を開けて声をかけてくれました。

「駅までですか?乗っていきませんか?」

まさに神の声でした。本当にありがたかった。ここはお言葉に甘えることにして、徳和の駐車場まで送っていただくことになったのです。
話を聞くとやはり乾徳山に登ってきたそうで、何もない林道を歩いてるのを不思議に思ったとのこと。もういくら感謝してもしきれない。昭和町の方だということしかわからず、大したお礼もできなかったのが心残りです。(本当にありがとうございました)


乾徳山は景色もいいし、国師ヶ原や月見岩、鎖場など変化に富んだ楽しい登山コースでした。最後の道迷いは余計でしたが、親切な方に助けていただき、人の温かさに触れる貴重な体験にもなりました。


---------------------------------

« アクセサリー | トップページ | 風張峠 ~ 2013年11月23日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149263/53980490

この記事へのトラックバック一覧です: 乾徳山 ~ 2013年11月17日:

« アクセサリー | トップページ | 風張峠 ~ 2013年11月23日 »