« サングラス2 | トップページ | 土坂峠(つちさかとうげ/標高700m)~2010年8月29日 »

LOTO6 Tips

LOTO6に興味があって、数年前には自分で関連するサイトを立ち上げていたこともありました。今はもう閉鎖してしまいましたが、そこに載せていた情報はけっこう参考になると思うので、自分の覚え書きの意味も含めてここに転載しておきます。

一見、自転車と関係ない記事にも思えますが、「1等が当たったら即座に仕事を辞めて日本一周サイクリングに出発する!」と思ってるので、実は非常に密接に関係してるんです!(笑)

2010_0827_211537

1 LOTO6とは?

平成12年10月5日から始まった数字選択式宝くじです。
1から43までの数字から好きな数字6個を選び、6個とも一致すれば1等。3個の一致で末等の5等(1000円)となります。

1口200円が、1等最高2億円、前回の繰越金(キャリーオーバー)がある回は最高4億円になることと、数字が自分で選べることが魅力です(当せん金額の計算方法は後述)。
※ 詳しくはみずほ銀行のサイトをご覧ください。


2 LOTO6の組合せ数

1から43までの数字から6個を選ぶので、その組合せの数は、43×42×41×40×39×38=4,389,446,880通りの組合せを(並び順を問わないので)6×5×4×3×2×1=720通りで割った「6,096,454通り」となります。

610万分の1と聞いてもあまりピンと来ませんが、よくある例えでいうと「東海道新幹線のレール上に1円玉をずらっと並べる。東京駅から静岡県の三島駅までの間に1枚だけ当たりがある」とか「年間51回抽せんして(重複がないとして)12万年経ってやっと全ての組合せが出揃う」っていう確率です。
こう考えるとまったく当たる気がしないし、全ての組合せが出現する前に人類はまったく別の生物に進化してるように思います。(笑)


3 数字選びのヒント

610万の組合せを分析することで、次回の数字選びのヒントになるかもしれません。私が調べた結果を書き出してみます。



【6個の数字の合計数】

最小の21(=1,2,3,4,5,6)から最大の243(=38,39,40,41,42,43)まで、132(83,036通り)を中心として左右対称に分布。合計が113~151の範囲になる組合せで全体の5割を占めます。

【奇数と偶数】

組合せは下記のとおりですが、現在までのところ、すべて奇数の出現は16回(3%以上)なのに、すべて偶数はたったの1回(0.2%)しかありません。(H22.8末現在)

すべて奇数     ‥‥ 74,613通り (1.22%)
奇数5+偶数1   ‥‥ 553,014通り (9.07%)
奇数4+偶数2   ‥‥ 1,536,150通り (25.20%)
奇数3+偶数3   ‥‥ 2,048,200通り (33.60%)
奇数2+偶数4   ‥‥ 1,382,535通り (22.68%)
奇数1+偶数5   ‥‥ 447,678通り (7.34%)
すべて偶数     ‥‥ 54,264通り (0.89%)

【連続数字】

2と3、24と25など、6個の抽せん数字の中に連続した数字が出現する割合です。最大いくつ連続した数字があるかを表し、3連続と2連続があるような場合は“3連続”にカウントしています。
連続数字がない場合より、2個連続してる場合の方が多いのです。

6連続(11,12,13,14,15,16など) ‥‥ 38通り (0.00%)
5連続(24,31,32,33,34,35など) ‥‥ 1,406通り (0.02%)
4連続(10,15,16,17,18,41など) ‥‥ 26,714通り (0.44%)
3連続(2,3,4,15,18,31など) ‥‥ 346,579通り (5.68%)
2連続(8,10,11,18,24,33など) ‥‥ 2,961,036通り (48.57%)
並び数字なし ‥‥ 2,760,681通り (45.28%)

ちなみに、3連続×2は703通り(0.01%)、2連続×3は8436通り(0.14%)となっています。

【ブロック別出現パターン】

1から43までの数字を7個ずつのブロックに区切り(最後のブロックは36~43の8個とします)、6個の数字がブロックごとにいくつ該当するかをみたものです。
「2個が該当したブロックが2つ+1個該当したブロックも2つ」というパターンが37.0%と最も多くなっています。

2・2・1・1 ‥‥ 2,253,510通り (37.0%)
2・1・1・1・1 ‥‥ 1,740,725通り (28.6%)
3・1・1・1 ‥‥ 843,780通り (13.8%)
3・2・1 ‥‥ 728,140通り (11.9%)
その他 ‥‥ 530,299通り (8.7%)

【第1数字~第6数字】

6個の抽せん数字を小さい順に並べたものを、第1数字~第6数字と呼びます。
6,096,454通りの組合せにおいて、それぞれどの数字が一番多いかを見ると下記のようになっています。

第1数字   1 が一番多い。
第2数字   9  〃
第3数字  18  〃
第4数字  26  〃
第5数字  35  〃
第6数字  43  〃


以前、これを根拠に「1,9,18,26,35,43」の組合せを“最も出やすい”と言ってる人がいて笑ってしまいましたが、これは、抽せん数字に「18」があったら第3数字である割合が一番高いということを表してるだけに過ぎません。


4 LOTO6の当せん金額の算出手順

最後に、当せん金額の決め方を書いておきましょう。販売実績額の55%が胴元の取り分‥ではなくて、公共事業等に充てられます。

① 最初に当せん金の総額を算出します。
  = 販売実績額 × 45%

※ 販売実績額や各等の口数はみずほ銀行のサイトで知ることができます。

② 次に、5等(1000円)の当せん金総額を算出します。
  = 1000円 × 5等口数

③ 1~4等の当せん金の総額を算出します。
  = 上記①の金額 - 上記②の金額

④ 次に1等の当せん金額を決めます。
  (③の金額×25.428%+キャリー額) ÷ 1等口数

※ キャリーオーバーがあるときは上限4億円。それ以外は上限2億円とし、上記の計算結果がその上限額より大きい場合は、その差額が次回へのキャリーオーバーとなります。

⑤ 2~4等の当せん金額を決めます。(すべて100円未満切捨てです。)

 2等 : ③の金額 × 22.885% ÷ 2等口数
 3等 : ③の金額 × 27.462% ÷ 3等口数
 4等 : ③の金額 × 24.225% ÷ 4等口数




---------------------------------

« サングラス2 | トップページ | 土坂峠(つちさかとうげ/標高700m)~2010年8月29日 »

コメント

クジ好きだなぁ‥。夢見人め!!
ちんぷんかんな数字の話より、たくさん玉の入った地球儀つき鉛筆の方が気になる!!
今度それをみせなさい。
( ̄ω ̄)

投稿: 師匠 | 2010年8月28日 (土) 10時20分

師匠、あれは「ロトぺん」という画期的な商品なんですよ。
1から43までの小さな玉が入ってて、先入観とか好き嫌いなどにとらわれない、純粋に無作為な6個の数字を選ぶことができるんです。(まあ、これで当たったことは一度もありませんけどね‥。)
じゃあ、次のサイクリングの時に持っていきます!

投稿: 24頁 | 2010年8月28日 (土) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOTO6 Tips:

« サングラス2 | トップページ | 土坂峠(つちさかとうげ/標高700m)~2010年8月29日 »