« 2009年8月13日(3日目) | トップページ | 麦草峠自走 ~ 2009年8月11・12・13日 »

輪行袋(その2)

2009年8月12日。麦草峠にサイクリング旅行に行った際に、「L-100軽量輪行袋」を実際に使ってみました。もちろん電車に乗せるためではなく、自転車をホテルの部屋の中に持ち込むのが目的です。

この輪行袋にはホイールを入れるポケットは付いておらず、ホイールでフレームを挟むように3箇所を紐で縛ったらそれをそのまま袋の中に納めてしまう形です。

ポケットがないとホイールとフレームの接触が多くなり、傷が付きやすいという問題はあるんでしょうけど、紐で3箇所を縛るために輪行袋の自立の安定性は増したように思います。
耐久性についてはまだなんとも言えませんが、1回使ってみての感想としては、とにかく大きさ&軽さのメリットがすごく大きいし、使い勝手もいい。特に不満な点はなさそうです。



Photoこのようにホテルの部屋に持ち込みました。

                                   → 輪行袋(その1)


---------------------------------

« 2009年8月13日(3日目) | トップページ | 麦草峠自走 ~ 2009年8月11・12・13日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輪行袋(その2):

« 2009年8月13日(3日目) | トップページ | 麦草峠自走 ~ 2009年8月11・12・13日 »