« リムテープ | トップページ | 謹賀新年 »

パンク修理

タイヤ交換の際、手だけではどうしてもリムに入ってくれなかったためにタイヤレバーを使用。十分に注意したつもりでしたが、やはりチューブを傷つけてしまい、空気を入れてもシューッという音がして空気が漏れてしまいます。
買ったばかりのチューブが使用前に廃棄処分か‥と思いましたが、補修用のパッチがあったことを思い出し、それを使ってみることにしました。

 

Photo_17 イージーパッチは、ただシールのように貼るだけみたいで簡単そうです。


Photo_18 少し空気を入れてみると穴の位置はすぐにわかりました。タイヤをはめ込む際にタイヤレバーでチューブもろとも捻ってしまったんでしょう。悲惨です‥。


Photo_19 穴の周囲を付属してる紙ヤスリで軽くこすります。これでパッチが付きやすくなるんだと思う。


Photo_20 穴を中心にしてパッチを貼り、指で強く押さえると透明度が増してチューブに馴染んだ感じがします。少し空気を入れてみたらパッチを貼った部分がくびれます。まあ、タイヤの中でチューブはこんなに太くは膨らまないでしょうけどね。
空気漏れはしないみたいなのでこれで完成。


Photo_21 チューブの中の空気を抜いて畳んでおこうと思ったら、なにやら中から粉が出てきた。なんだこれ?
チューブ内部でゴム同士がくっついてしまわないように入れられてるものかな?
かなりの量で机の上が粉だらけです。パンク修理は屋外でやるべきですね。 (鬱)


 

パンク修理は思ってた以上に簡単な作業でした。次にパンクした際には今回のこのチューブを使ってみたいと思います。(そういう日がこないことを祈りますが)

 

---------------------------------

« リムテープ | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リムテープ | トップページ | 謹賀新年 »