« サイコン | トップページ | シートピンの交換 »

初めてのタイヤ交換

自転車購入からちょうど1年経ったことだし、よく見ると細かいひび割れがあったりするのでタイヤ交換をしてみることにしました。
当初、700×23Cの細いタイヤは連日のようにパンクするんじゃないかと思ってましたが、これまで一度も経験なし。前輪のチューブはバルブのネジが壊れたために1回交換しましたが、後輪のは買ったときのままです。あわせてこれも交換しようと思いました。

Photo_112 まずは自転車を逆さまにして前輪・後輪をハズします。ここまでは手慣れた作業ですが、ここから先が未知の領域。


Photo_113 次は空気を抜いて、タイヤを外しにかかります。片側は、タイヤレバーで持ち上げ、もう一本のタイヤレバーをリムに沿ってくる~っと回す感じで苦もなく外せましたが、その反対側は手で引っ張って外すしかないようで“チカラわざ”が必要でした。それと、タイヤとチューブが癒着しちゃってる感じで、これにはちょっと焦りました。


Photo_114 実は、いくつかの参考書(WEBサイト)を見ながらの作業だったのですが、その中の一つに「タイヤ交換の際はリムテープ(リムフラップ)も交換しましょう」と書いてあるのがありました。写真に写ってる赤いテープのことですが、見たところ特に不都合はなさそうだったので今回はそのままに。交換するにしてもかなりしっかりとリムに張り付いてたので剥がすのが大変かもしれません。


Photo_115 さて、いよいよ、購入してきた新しいタイヤとチューブの出番です。 最初、店の何処を探しても700×23Cのタイヤが置いてないので、そんなにレアな商品なのかと不思議に思っていたんですが、この「日高昆布」みたいにして売っているのがそうだったんですね。気づきませんでした。これの包装を剥がせばあっという間に丸いタイヤの形になるってことなんでしょう。


Photo_116  

 ‥‥ ならないし。


 

Photo_117 このままではタイヤには見えないし、できるだけ指で丸く延ばして、それでリムにいれてみました。ここで大事なのが、いつも参考にさせてもらってる「サイクルベースあさひ」のサイトに書いてあった注意事項です。 ①タイヤに方向性がないならメーカーやモデル名のロゴがある方を右側(チェーンのついてる側)にする ②ロゴをバルブの真上にする という暗黙の約束があるらしいんです。「本当?」と思ってスポーツ自転車店で陳列されてる自転車を見て回りましたが確かにみんなそうなってた。ぜんぜん知らなかったです。驚きでした。 今回購入したタイヤにはメーカー名と商品名の両方のロゴがあるので、こういう場合には必須条件にはならないらしいけど、とにかく写真のように真下にバルブ、真上にメーカーのロゴにしておきました。これなら恥をかくことはないでしょう。


Photo_118 タイヤの片側だけをリムに入れたところで、今度は中にチューブを入れます。最初にバルブをリムの穴に差し込み、軽く空気を入れてからやってみるとこの作業は簡単でした。そしてタイヤのもう片側をリムに入れていきます。「ここが最大のヤマ場だろう。チューブを傷つけないようにタイヤレバーは使わないことと書いてあるし、最後の部分はものすごく技術がいりそう‥」と覚悟してました。 ところが、バルブのところから指でタイヤの側面をつまむようにしてクルクル一周させながらハメていったら、さしたる苦労もなく完了してしまった。むしろ「あれっ?」って感じです。タイヤをめくって中を確認しても、ちゃんとリムテープが見えて、チューブを噛んでるような部分もない。あっけなく終わっちゃって、むしろ不安になるくらいでした。
前輪、後輪とも作業が完了したところで、それぞれ空気を入れてみます。5BARくらいまではなんともないんですが、6BARくらいにするとタイヤが“ミシッ”、、いや“ボツッ”というような不気味な音をたてます。もしも大音響で破裂でもされたら近所迷惑‥どころか警察に通報されちゃいそうなので、ここでしばらく様子をみることにしました。
1分、、2分、、、特に変化なし。大丈夫そうなので今度は規定の120PSIまで入れてみます。どうやら警官の訪問は受けないで済んだようです。


Photo_119 一応は完成しましたが、よくみるとタイヤから出てるバリ(?)が気になります。側面だから自然に取れて無くなるって事もなさそうだし、爪切りを持ってきてパチパチって切っておきました。これで完璧。


 

タイヤ交換なんていう高度な技が自分で出来るかかなり心配してたんですが、思っていたよりずっと簡単な作業でした。これでまた少し自転車に関するスキルが上がった。(遅すぎ。笑)

---------------------------------

« サイコン | トップページ | シートピンの交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイコン | トップページ | シートピンの交換 »