« バルブアダプター | トップページ | パンク修理 »

リムテープ

先日、タイヤに小石が刺さってパンクしましたが、その際のタイヤの傷がすごく気になるので思い切って前後ともタイヤ交換することにしました。初めてのタイヤ交換からわずか3週間で二度目のタイヤ交換です。(泣)
どうせならってことで、今回はリムテープも交換してみることにしました。

 

Photo_12 テープというからには長い紐のようなものだと思ってましたが、むしろ大きなゴムバンドという感じですね。ただし、「無理に引っ張ると元に戻らなくなる」らしい。
サイクルベースあさひのウェブサイト(メンテナンスマニュアル~リムテープの取付)を参考にしつつ作業に取りかかります。


Photo_13 まずは古いリムテープを取り外します。ぴったり張り付いてて剥がすのに苦労するかと思いましたが、マイナスドライバーで持ち上げて、後は手で引っ張ればいいだけでした。


Photo_14 新しいリムテープを取り付けます。バルブの穴がぴったり合う必要があるので、サイトで教えられたとおりドライバーを差し込んでおきます。
リムに沿ってテープをはめていきますが、強い力でひっぱりながらでないと長さが足りなくなります。「全体を同じ強さでひっぱる」のを意識しつつ。


Photo_15 なんとかうまくいったようです。穴の位置もぴったり。
実はリムテープを購入するとき、15mm幅と18mm幅で迷って、700×23Cだから15mmかな?と思ったんですが、たまたま在庫が18mmのしかなくそちらを購入。でも、これでぴったりな感じです。


Photo_16 新しいタイヤも取り付けて完成です。


 

前回のタイヤ交換はあっけなく済みましたが、今回はタイヤレバーを使わないと入りませんでした。しかもその際にチューブに傷を付けてしまったようでやり直し‥。大変でした。
それと、インフレーターはやめて携帯ポンプに変更。


---------------------------------

« バルブアダプター | トップページ | パンク修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルブアダプター | トップページ | パンク修理 »